乃木坂46

乃木坂46生田絵梨花写真集、緊急重版決定に反響<インターミッション>

投稿日:

【生田絵梨花/モデルプレス=2月19日】乃木坂46・生田絵梨花(いくたえりか・22)セカンド写真集『インターミッション』(2019年1月22日発売/講談社)の売れ行きが好調のため、3度目の重版で3万部の増刷を決定したことがわかった。これで累計発行部数は30万部となった。ネット上では反響が寄せられている。

出版元の講談社110年の歴史上、女性ソロ写真集としては“史上最多初版部数”の20万部でスタートするも、発売から2週間で初版分20万部は完売状態。大反響を受け、発売からわずか1ヶ月で3度目の重版を決定し、累計発行部数は30万部を突破した。

ヒット作を連発する乃木坂46のソロ写真集の中でも30万部を突破したのは白石麻衣写真集『パスポート』のみ(※現在、累計発行部数35万部)。その白石麻衣写真集でさえ30万部を突破したのは発売から15ヶ月後の19度目の重版なだけに、生田絵梨花写真集『インターミッション』の発売1ヶ月、3度目の重版で30万部突破は超異例のスピードといえる。

◆生田絵梨花「驚きと感謝でいっぱいです」

女性ソロ写真集として過去に例のない売上スピードに講談社の販売担当者も「史上最速ペースの売上のため、緊急重版を決定しました」と興奮気味。また生田は「正直まだ実感が湧かないのですが、たくさんの方から『写真集見たよ』と反響をいただけて、驚きと感謝でいっぱいです。この作品をきっかけに、いろんなイメージを持っていただけたら嬉しいなと思います」とコメントした。

同作は乃木坂46イチの“お嬢様”と称される生田を、アメリカ・ニューヨークで撮り下ろし。ミュージカル女優としても活躍する生田の希望から、ブロードウェイでも撮影を行った。初めてのランジェリーショットにも挑戦した意欲作となっている。

◆反響続々

重版決定に、ファンからはネット上で「いくちゃんすげー!」「いくちゃん写真集、まいやんに続き売れ行きハンパない」「うわーやっぱりいくちゃんやるな」「重版おめでとうございます!!」など反響が続々と寄せられている。(modelpress編集部)

◆生田絵梨花・写真集『インターミッション』概要

【発売日】2019年1月22日(火)
【撮影】中村和孝
【出版社】講談社
【ロケ地】アメリカ・ニューヨーク
【体裁】オールカラー160P/ソフトカバーB5版変形
【写真集公式ツイッター】@erika_newyork

◆生田絵梨花(いくた・えりか)プロフィール

1997年1月22日生まれ。A型。ドイツ・デュッセルドルフ出身。2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。10thシングル『何度目の青空か?』でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍。アイドルとしての活動以外に『レ・ミゼラブル』や『ロミオ&ジュリエット』など多数のミュージカル作品にも出演。ピアノの腕前も抜群、乃木坂46イチの才色兼備であり、天真爛漫な魅力で多くの人々を魅了している。

【Not Sponsored 記事】

-乃木坂46
-, ,

Copyright© 地上地下アイドル決戦 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。